のぼりを有効活用するために

デザイン

のぼりといえば、にぎやかなデザインや色使いをすぐに思い浮かべてしまうので、
私も始めはまったく考えていませんでした。
商店街でよくみかける「大安売り」とか「セール」と書いた赤いのぼり。
私ののぼりのイメージはまさにあれでした。

色使い


ですが、調べてみると最近はのぼりのデザインも様々。
これものぼりと呼べるのか・・・というような凝ったデザインもあります。
でも、デザインはこちらで指示して作ってもらえることがほとんどのようなので、
思い切って、うちのお店らしい、ちょっとシックなデザインで作ろうと思います。

デザインだけでなく、色使いなども指定して作成してもらえるところが
ほとんどのようです。


カスタムオーダーのように、決まった定形のデザインから、
フレーズや写真だけを変更できるパターンもありますし、
一からデザインを注文できるパターンもありました。

業者に頼む

これならば、思い描いているようなものが作れそうです。

いろいろ調べてみると、のぼりのデザインのコツは、情報の絞り込みのようです。
歩きながらや、車からのように、のぼりは通りすがりに見ることが多いですから、
遠くからでも、またひと目みただけでも内容が理解できるようするのがポイントなんだそうです。
とすると「セール」ののぼりは非常に理にかなっているといえますね。


紅葉シーズン  霊園  薬局  化粧品の効能  オープンのぼり