のぼりを有効活用するために

注文

ふろしき屋を営んでいます。
従業員は私だけという小さなお店ですが、地域密着でやってきました。
ネットショップ中心で営業していましたが、飛び込みでの注文や会社からの注文もふえてきました。
ありがたいことに、お店は順調に売上を伸ばしつつあります。

そんな中、のぼりを取り扱っていないか。
というお問い合わせがここ最近非常に増えました。
布を扱うといところから、いくつかのつてもあり、ご希望があったときのみのぼりの注文を受けていました。
次第にそんな中からもリピートのご注文をお受けするようになりました。

そんなわけで・・・うちのお店でものぼりを作ることになりました。
でも、いったいどんなのぼりを作ればいいのだろうか。
街のあちこちでのぼりをみかけるけれど、
マネしたいと思うようなものは少ない気がする。

なぜか目を引くのぼりだけど、
店長という目線で見てみると、これいいなと思うものが案外ないような。
居酒屋なんかで見かけるようなのはちょっと違う気もするし・・・

お客さんの目に止まって、店の案内になるようなのぼりを作りたい。
ただ目立つだけじゃなくて、お店や商品の雰囲気をも伝えるのぼりが作りたい。
それから、「ふろしき」といううちの商品を”らしい”なと感じさせるものが作りたい。
そして、売上をもっとあげたい!
それってどんなのぼりなのか???
じゃあ、一体どんなのぼりを作ればいいのだろうか。
まずは店長という目線からのぼりを考えてみました。
今回はそんな試行錯誤の物語です。

さぁでははじまりはじまり。

紅葉シーズン  霊園  薬局  化粧品の効能  オープンのぼり