宣伝方法としてのぼりを使う

紅葉シーズン

紅葉シーズンになると、自動車で郊外の公園や庭園又は寺院などを訪れるお客様が増えます。

紅葉シーズン
このような場所を指し示すには、道路に「のぼり」を設置すると遠方からの来訪者に対しても
解りやすく道に迷う事は少なくなります。

そのような紅葉のスポットにて夜間拝観をする場合にも「のぼり」のメリットは大きくなります。

夜間には「のぼり」を暗くて閲覧することはできませんが、日中に一度紅葉を観賞したお客様に
ライトアップした美しい印象の紅葉を楽しむことが可能になります。

「のぼり」を利用すると、自動車の運転手には広報活動としてはとても効果的です。
近くの観光地を利用していて夕方で家に帰ろうと考えている人に対しても、
何気なく「のぼり」を見て夕食を食べて暗くなってからのライトアップを
楽しみたいというケースは多く考えられます。

ライトアップのぼり

また、寺院などでは夜間は門を閉じていると考えられているケースが多くありますので、
開いている事を地元の人に伝えることができるので大きなメリットになります。

紅葉シーズン  霊園  薬局  化粧品の効能  オープンのぼり