宣伝方法としてのぼりを使う

書体

オリジナルのぼり旗を作成依頼するとき重要となるのは
書体の決定で、見た目から受ける印象が大きく違ってきますから
こだわるべきところであり、どのように決めていくべきなのか
そのポイントはどこにあるのでしょうか。

ポイントとは

すべてお任せしてしまうとデザイン量が発生することがありますから、
決められるところはこちらで指定することがオーダーする上では大切なことで、
決定事項が多いほど製作がスムーズに進みます。

はっきり見やすいことにこだわるなら太さのあるゴシック体が主流になり、
文字数が多少多めでも見やすいと言えます。

和ものを取り扱っているなら、ゴシック体よりも楷書体や勘亭流の方が
味わい深く和を表現できて、太さもある程度出すことができますから
遠くから見にくくなってしまうことは少ないでしょう。

業種や業態をうまく表現できるものがあるかどうかはオリジナルのぼり旗を
依頼する店舗にフォントサンプルをもらって確認するようにして、
普段は目にしないような面白いものが取り扱われていたら
目立つオリジナルのぼり旗を作るチャンスです。

フォトサンプル

かわいい印象を与えたいなら丸ゴシックや丸文字体などを使うようにすると
文字の形だけで愛らしさを表現することができます。

街中で見かけたイメージにぴったりなものがあったときには写真を撮って、
近い字体で依頼するということも可能です。

専門でなければ書体の名前がわからないことも多いですが、
写真で送ればイメージを正確に伝えることができます。

紅葉シーズン  霊園  薬局  化粧品の効能  オープンのぼり